2017年 01月 17日

災害時に役立つレシピ

b0150155_18164067.jpg


                阪神淡路大震災から22年

                何年経っても昨日のことのように
                あの日を思い出します

                わが家では 1月17日と9月1日(防災の日)には
                防災グッズや保存食品のチェックをします

                カセットボンベだけは常に10本
                使いながら買い足すローリングストックです
                (ボンベは7年くらいで使い切るのが理想)

b0150155_18221217.jpg


                あの震災から数日は
                救援物資に温かい食べものがなく
                子ども達の学校が始まっても
                給食室が使えないため
                しばらくは冷たいパンと牛乳、ソーセージ1本でした

                それでも文句ひとつ言わずに食べていた子ども達の姿に
                胸がいっぱいになったこともあります

                災害時もできるかぎり普段の食事に近いものが食べられるように
                日頃から”災害食”も作り慣れておきたいと思います
                
                今日はポリ袋でご飯を炊いてみました

                ・ポリ袋(半透明のもの)にお米(無洗米が便利)と水を入れる
                ・ポリ袋の中の空気を抜いて余裕を持たせてしばる
                ・沸騰した鍋に入れ、火を弱めてフツフツ状態で20~25分煮る
                ・火を止めて、そのまま10分くらい置く
                ・お茶碗などで袋のまま食べる(食器を洗わなくてすむように)

                なかなか美味しく炊けます

                同じようにポリ袋でいろいろな煮物も作ることができます
                この方法はキャンプなど野外活動でも使えますよ
                



                
        



                

by susie0524 | 2017-01-17 18:45 | from kitchen


<< カウンタークロス      雪がちらほら >>