style in life

susielife.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:お出かけ( 218 )


2017年 09月 10日

古代から現代へ

b0150155_19535530.jpg

大塚国際美術館に展示されている
1000余点の西洋名画は
「環境展示」「系統展示」「テーマ展示」の
3つからなっています

b0150155_19541251.jpg

ルネサンス時代の名画といえば
「最後の晩餐」「モナ・リザ」「ヴィーナスの誕生」など…

この3点の名画は
イタリア・フランス旅行の際に実物を見ています

海外旅行や国内旅行の楽しみは
その土地の美術館を訪ねることです

フランスのルーヴル美術館、オルセー美術館
フィレンツェのウフィツィ美術館は
機会があればもう一度行ってみたい美術館です

b0150155_19543351.jpg


作品は見た記憶はあるけれど
作者と作品名はなかなか思い出せないことも多いです

クラシック音楽も同じです
聞いたことはあるけれど作曲家と題名が思い出せない…

記憶がどんどん衰えていくのが悲しい(涙)



b0150155_19550821.jpg

ピカソは忘れないですけどね(笑)

「ゲルニカ」は20世紀の最も重要な作品のひとつといわれますが
こんなに大きな作品だったことを
初めて知りました


大塚国際美術館は
3時間でも時間が足らないくらいでしたが
これから時間に余裕ができたら
まずは国内の美術館めぐりをゆっくりしてみたいものです




by susie0524 | 2017-09-10 20:22 | お出かけ
2017年 09月 08日

芸術鑑賞の秋

b0150155_20045137.jpg

 「大塚国際美術館」へ行ってきました

15年くらい前に初めて訪問して以来
二度目の訪問です

日本最大級の常設展示スペースを有する
「陶板名画美術館」は”行って良かった美術館No.1”と評価されています

入館料の高さもNo.1だそうですが…(笑)

b0150155_20052053.jpg


ミケランジェロの「システィーナ礼拝堂天井画」は
圧巻の迫力です

10年前のイタリア旅行の際に
ヴァティカンで見ているのですが
観光客が多すぎてゆっくり鑑賞できなかった記憶があります

今回は館内ガイドの方の興味深く丁寧な説明で
今までとは違った視点で鑑賞できました


b0150155_20050910.jpg


写真撮影も自由 
作品に手を触れることも自由

オリジナル作品と同じ大きさに複製された作品は
美術書や教科書と違い
原画が持つ本来の美術的価値を真に味わうことができます


まだまだ続きます



by susie0524 | 2017-09-08 21:00 | お出かけ
2017年 07月 21日

朝食ランキング一位

b0150155_21045367.jpg
                 北海道の朝食ランキング一位(全国二位)に選ばれた
                 「ラビスタ函館ベイホテル」

                 今回は朝食目当てで宿泊しました

b0150155_21051502.jpg
                朝6時から大行列の「北の番屋」

                私たちは八幡坂の散歩から帰り
                8時過ぎに出かけたので
                早朝の混雑も一段落した後で
                ゆっくりいただくことができました
            
                イクラや甘エビ、イカなど…
                新鮮な海鮮が食べ放題

                焼きたてのトウモロコシやシシャモも美味でした~

                胃袋が二つあればいいのに…と思ってしまう(笑)


by susie0524 | 2017-07-21 21:15 | お出かけ
2017年 07月 17日

函館 蔦屋書店

b0150155_20345958.jpg
              函館に行ったら立ち寄ろうと思っていながら
              すっかり忘れていました

              空港に向かう道沿いに偶然見つけた
              「函館 蔦屋書店」

b0150155_20351896.jpg
               代官山や梅田を超える
               すばらしい空間に感動しました

               こんな場所が近所にあったら
               どんなにすてきでしょう
               毎日通いたい~

               今回の旅で函館が大好きな街になりました
               ここを目当てにプチ移住する?



by susie0524 | 2017-07-17 20:49 | お出かけ
2017年 07月 15日

早朝の八幡坂

b0150155_18471953.jpg

               赤レンガ倉庫が並ぶウォーターフロントの先を進むと
               函館山へと導いてくれるのが「八幡坂」


b0150155_18474378.jpg

                   早朝の八幡坂は車も観光客も通らない
                   静かな時間が流れます

                   朝食前の散歩は大正解でした

b0150155_18485242.jpg

                   緑の中の電話ボックス
                   誰かに電話したくなります

b0150155_18480304.jpg

                   こんな坂道なら
                   毎日登ってもいいなあ

b0150155_18474378.jpg

                   函館湾へと真っ直ぐに伸びた
                   270メートルの一本道の眺めは壮観です

                   港に保留展示されている
                   「青函連絡船記念館摩周丸」を正面に望めます

                   冬にはロードヒーティングが施されていて
                   雪の日も安全に通行できるそうです


 
b0150155_19003064.jpg

                   坂を登り切った突き当たりにあるのは
                   北島三郎さんが通ったことで知られる
                   函館西高校

                   青春の坂道ですね

                   思わず口ずさむ
                   「は~るばる来たぜ 函館~♪」


by susie0524 | 2017-07-15 20:46 | お出かけ
2017年 07月 13日

函館 ベイエリア

b0150155_19145828.jpg
             ベイエリアは函館港に沿って倉庫群が立ち並ぶ
             函館の観光スポット

b0150155_19151820.jpg
               明治時代に活躍していた倉庫で
               現在はレストランやショッピングモールになっています

               海を間近に倉庫群が並ぶノスタルジックな景観は
               「ミシュラン・グリーン・ガイド・ジャポン」でも
               紹介されています

b0150155_19154137.jpg
               レイトアップされた金森レンガ倉庫
 
               夜の景観は幻想的です


by susie0524 | 2017-07-13 21:00 | お出かけ
2017年 07月 09日

小雨の函館・五稜郭

b0150155_19102869.jpg

               幕末の見果てぬ夢の象徴
               函館・五稜郭

               特別史跡五稜郭の大地に輝く
               星形の眺望です
  

b0150155_19105703.jpg
              2006年に開業した五稜郭 新タワー

              展望台は90メートルの高さにあり
              晴れていれば
              函館山や津軽海峡まで望むことができます


b0150155_19111451.jpg
               「土方歳三之像」

               新撰組の鬼の副長として名を馳せた土方歳三
               後に榎本武揚軍に合流
               函館戦争で34歳の生涯を閉じます
               
               


              ★明日から 7・8月レッスンがスタートします
               リゾートスタイルの夏のテーブルでお待ちしております♪



by susie0524 | 2017-07-09 21:00 | お出かけ
2017年 07月 07日

小樽運河より

b0150155_20475523.jpg
               余市から小樽へ…

               小樽は三回目の訪問です
               前回は20年前

               あの頃にはなかった「運河クルーズ」を体験しました

               黄昏時からのナイトクルーズがおすすめです

b0150155_20482529.jpg
              歴史と浪漫の街 「小樽」

              ガス灯に照らされた古い倉庫街と近代建築の対比も
              今の時代だからこそ楽しめます


              
b0150155_20484440.jpg
              運河は小樽湾につながっています

              かつて 小樽の水産物のほとんどは
              この湾で水揚げされたそうです
               
b0150155_20490278.jpg
              カーディガン一枚では寒いくらいでしたが
              シートにヒーターと毛布が備え付けられ 快適♪

              個性あふれるキャプテンのガイドで
              40分間のクルーズを楽しみました


by susie0524 | 2017-07-07 21:04 | お出かけ
2017年 07月 05日

ニッカウヰスキー 余市蒸溜所

b0150155_19580427.jpg
                北海道へ行ってきました

                今回の目的のひとつは
                朝ドラ「マッサン」の舞台で有名になった
                「余市蒸溜所」

b0150155_19582618.jpg
                ここは 男の夢の原点
                本物のウイスキーづくりをかなえる 約束の地

                豊かな水 澄んだ空気 冷涼で湿潤な気候
                灼熱の炎と熟練の技によって生み出される
                この地のモルト原酒には
                微かな潮の香りが漂うと言われます
b0150155_19590075.jpg
                1934年に創業者・竹鶴正孝によって
                設立されてから
                ニッカウヰスキーの聖地として
                竹鶴の夢と情熱を受け継ぎ
                今も重厚で力強い余市モルトをつくり続けています

                歴史を刻む建造物も大切に受け継がれています
b0150155_20000006.jpg
                朝ドラでもたびたび登場した
                一号貯蔵庫と蒸溜棟のポットスチル

                ドラマのシーンがよみがえってきます

b0150155_20002886.jpg
                「旧竹鶴邸」
                 玄関・応接室が公開されています

b0150155_19593326.jpg
                
                 北に日本海を臨み
                 三方を豊かな自然あふれる山々に囲まれた余市は
                 竹鶴の理想郷だったのでしょう 

b0150155_20005864.jpg
                「ウイスキー博物館」
                 ウイスキーの知識と竹鶴の生涯を紹介する展示は
                 見応えのあるものでした

                 小樽から車で30分くらいの余市
                 ぜひ訪問されることをおすすめします


by susie0524 | 2017-07-05 20:36 | お出かけ
2017年 05月 06日

ギャラリーKITA'S

b0150155_20492846.jpg
             篠山市の「ギャラリーKITA'S」に出かけてきました



b0150155_20495029.jpg
              世界的に活躍するプロダクトデザイナーの
              喜多俊之氏主宰のギャラリー

              和洋中を問わず
              普段使いできる作品を中心にセレクトされています

b0150155_20501291.jpg
              引き出物などにも人気の
              真っ白なティーポットやカップ、プレート

              和モダンの落ち着いた空間に
              喜多氏と丹波焼の窯元がコラボレーションした器の
              シンプルなデザインが映えます

              
              
             
                     

by susie0524 | 2017-05-06 21:09 | お出かけ